新着情報

2021.03.05最後の宿題

ブログ
明日から3月、早いものでもう春の足音が聞こえる時期になりました。
当塾は3月からが新年度が始まります。
新しく入ってくる生徒さんたちとの出会いが楽しみな反面、これまで一緒に頑張ってきた生徒さんとはお別れの時期でもあります。
今年の卒業生である19期生の皆さんの授業は一昨日の金曜日までに全ての授業が終わりました。
でもまだ正直、実感が全くわいていません。
明日になったまたあのメンバーが「こんにちは!」って言って来るんじゃないか、そんな錯覚さえします。
 
昨日も今日も、新年度の準備をしていたのですが、新年度の準備をしながらもなお、まだ19期生が卒業していったということに全然実感がわいていない、そんな感じでした。
それだけ皆さんは私にとって身近な存在で、いてくれることが当たり前だった、そんなことが言えるのではないかなと思います。
でも明日からの始まる新年度から幾日かすると、きっと否応なしに、みなさんが卒業したことを感じるのだと思います。
そんな訳でまだまだ実感がわかない19期生の卒業ですが、最後の授業で皆さんにはこんな宿題を出しました。
「最後なのに宿題とかあるんですか?」
と言われましたが、最後だからこその宿題を出しておきました。
それは、
「楽しくも充実した高校生活を送り、幸せになること!」
何年かたったときに、「あのときの宿題、ちゃんとやりましたよ!」なんて言ってくれる人がいたら、きっと先生は泣いちゃうと思います(笑)
普段はどんなに厳しいことを言ったとしても、教え子の幸せを願わない先生はいないと思います。
教え子は先生と呼ばれる人にとっては、やはり特別な存在です。
さて、19規制の皆さんもいよいよ新たな進路に向けて歩みだすときが来ました。
これからも常に前を向いて歩いていってほしいと思います。後ろを振り返ってばかりいてはだめだよ。ここにいたことなんて忘れていいから、前を向いて新しい世界で頑張るんだよ!
私もみんなの後輩とともに頑張るからね。
これからみなさんが歩む道が、幸せへと続いていますように、心から願っています!
今までよく頑張りましたね。
ありがとうございました!